• 明覺寺

ちょこっと寄り道法話

コロナ一色になってしまいました…。



「仏教は生死の解決 私のいのちは必要火急」


今月の法語として

門前に掲示しています。


副住職が頑張って書いています(笑)


今月はコロナの「不要不急」に合わせて考えてみました。


明日、どうなるか分からないこの命であるからこそ

仏教にその解決を求める。

また今度…。ではなく、「今」が大切なのです。


仏法には世間のひまをかきてきくべし。

世間の隙をあけて法をきくべきやうに思ふこと、あさましきことなり。


本願寺8代目の蓮如上人のお言葉です。

「仏教のお話は暇を作って聞きなさい。暇になったら聞こうというのはあさましいことです」


とおっしゃっています。


このような状況だからこそ、

仏教に触れるご縁になればと思います。


「仏教に触れたいけど、どこから手をつけていいか分からない…」

という方はお気軽にご連絡ください★

色々とご案内させていただきます。


合掌


最新記事

すべて表示

ちょこっと寄り道法話2

◎争い 昨今、ニュースを見ておりますと、戦争・紛争の様子が毎日のように報道されています。それは特定の地域・国家にとどまらず、世界中で生じています。もちろん日本においても他人事ではないなあと感じています。ついつい平和慣れしてしまっている私たちですが、こういった報道を我が事として見ていくことの大切さも感じます。そもそも、何故このように人々は争うのでしょうか。 ◎争いの原因 戦争・内紛の背景は多岐にわた

ちょこっと寄り道法話1

テレビをつけると、政治家や芸能人の話題が毎日のように飛び込んできます。しかも、その多くが、いわゆるゴシップやスキャンダルと言われるようなニュースです。そのようなニュースを私たちはおもしろおかしく見て、そして時には批判的な意見を言っていることがあると思います。 では、我が身を振り返るといかがでしょうか。私たちは、その人たちを批判できるような生き方をしているでしょうか。だれからも責められることのなく、

浄土真宗本願寺派(西本願寺)
​桃源山明覺寺

〒600-8306 京都市下京区平野町783

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン